医師に確認してもらおう

顔に触れる女性

肌の緩みが原因の際も

多くの人がボトックス注射でエラ顔の悩みから解放されていますが、この治療が適しているのは筋肉由来のエラ顔ですので、その点には気をつけておきましょう。ですが骨が張ってエラ顔になっている場合でも、下顎を動かす筋肉も肥大していればその体積は減らせるため、全く効かない訳ではありません。筋肉量が多ければ、それを改善するだけでもかなりの小顔効果が得られる場合も少なくありませんから、早々に諦めるのは禁物です。ともすれば骨が張っていると誤認しているだけで、実は咬筋が増大しているだけというケースもあり得るため、美容整形外科で確認してもらうと良いでしょう。その時は無料カウンセリングのクリニックを選ぶように気をつけておきますと、ボトックス注射の合否をタダで相談できます。しかし、実際に治療を行う際は費用ではなく、ドクターの技能や実績から選ぶようにしてください。ボトックスでエラを美しくスリムにするには、相応の経験と注入技法をマスターしている必要があるので、申込先選びでは留意ポイントになっています。原因が筋肉にあるか、骨にあるかは鏡を見て奥歯を噛みしめればある程度分かるため、自分でチェックしてみるのも得策です。歯をグイッと食いしばった際、耳からエラに掛けて硬く膨らむ場合は、咀嚼筋が発達している証拠になります。この咬筋こそ筋肉由来のエラ顔の原因ですので、それがハッキリ確認できた方は、ボトックス注射で小顔になれる可能性が大きくあるのです。ちょっと知っておくと簡単に試せますから、エラ顔の原因が骨にあると考えている人も試してみると良いでしょう。また筋骨だけでなく、加齢で皮膚が緩み、エラやフェイスラインが下がった場合にも顔が大きく見えてしまいます。その改善方法として覚えておくと良いのがボトックスリフトとなっており、これはたるみが気になる部分へボトックスを浅く打つ小顔治療です。エラの筋肉を細くする小顔注射と違い、ボトックスリフトは皮膚を引き上げて小顔に戻すのが特徴になります。そして、ボトックス治療はヒアルロン酸や脂肪溶解注射などとの組み合わせ施術も可能なので、大きな顔の原因がほかにもある場合は、同時治療を検討すると良いでしょう。